血流を良くする方法を知る~サラサラ血液が健康をつくる~

女性

女性の通る道

白い錠剤

女性ホルモンのせい

更年期障害は、精神的にも身体的にも大きな不調を抱えてしまうものです。イライラやうつのような症状になってしまったり、のぼせやほてり、不眠症など様々な症状が出てくる女性の大きな変化の時期でもあります。更年期障害は、今まで妊娠するために女性を支えていた女性ホルモンの分泌量が減少したことが原因です。閉経に向かって女性ホルモンの分泌量が減ってしまうことで心身のバランスが大きく崩れ、これらの症状が出てしまうのです。減ってしまった女性ホルモンを薬で補うことで、症状を改善させることが可能です。女性ホルモンは注射などで補うことが可能ですが、いちばん簡単なのは避妊薬であるピルを服用することです。避妊薬は女性のホルモンバランスによる病気や症状の治療や改善にも利用されているものです。

症状を楽にするには

避妊薬のピルを更年期障害の改善に使う時には、産婦人科で相談すると良いでしょう。更年期障害は女性ならば必ず訪れるものです。そのため、完全に症状をなくすことは出来ないかもしれませんが、ピルを服用しておくことで症状を軽減できたり、更年期障害を感じないまま閉経を迎える、ということになる可能性はあります。効果のある薬には副作用が起こるのがつきものですが、ピルの場合にも血栓症になる可能性や嘔吐や吐き気、頭痛や胸の張りなどの副作用が起こる可能性があります。また、健康保険が利用できないため処方の際には全額自費負担になってしまいます。まずは病院で詳しい話を聞いて、メリットとデメリットを理解したうえで服用するようにしましょう。